知財の種類と知財コンサルのメリットがひと目でわかる

知財コンサルと聞いて、なんとなくはイメージできても、具体的にどういったものなのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか?こちらでは、「知財ってそもそもどういった種類があるの?」「コンサルを利用するメリットは何?」といった疑問の解消に役立つ情報をお伝えします。

知的財産の種類

知的財産の種類

「知的財産」とは、一定の価値が認められた知的創作活動の成果のことです。知的財産を保護するものとして「特許権」「実用新案権」などの権利が存在し、それらを総称して「知的財産権」といいます。知的財産権には、以下の種類があります。

特許権

発明(技術的アイデア)を保護します。出願から20年保護され、一部は最長25年まで期間が伸びる場合があります。

実用新案権

小発明といえるような考案を保護するのが、実用新案権です。出願から10年保護されます。

意匠権

物の形状やデザインを保護します。登録から20年保護されます。

著作権

文芸や美術、音楽など、思想や感情を創作的に表現したものを保護します。創作時から著作者の死後50年保護されます。

商標権

商品やサービスを、区別するための文字、図形、記号等を保護するのが商標権です。登録から10年保護され、更新登録制度があります。

商号権

法人や事業者が自己を表示するために使用する名称、つまりは商号を保護します。

回路配置利用権

独自開発した半導体チップの回路配置を、登録から10年保護されます。

育成者権

植物の新品種を保護するのが育成者権です。登録から25年保護されます(樹木は30年)。

知財コンサルを利用するメリット

知財コンサルを利用するメリット

「知財コンサル(知的財産コンサルティング)」を利用した場合、以下のようなメリットがあります。

適切な利用法がわかる

知財権は適切に取得しないと、せっかくの創作物や発明を適切に守ることができません。知財コンサルをご利用いただいた場合、創作物や発明に関する権利を、それを生み出した方の希望通りに守れるようにアドバイスします。また、取得した知財権を最大限に利用する方法についてもお伝えします。

幅広いサポートが受けられる

通常、特許事務所は主に出願業務を行っていますが、株式会社パテントインベストメントの場合ですと、相談はもちろん、特許および商標の調査、特許マップ・特許リストの作成、知財権の売却やライセンスのサポート、YouTubeやインスタグラム等による企業様の商品・サービスの宣伝など、幅広いサポートを行っています。

出願業務についても弊社が提携している特許事務所に割安な料金で依頼することができます。

知財コンサルの利用をご検討中でしたら、株式会社パテントインベストメントにご連絡ください。東京や神奈川などの関東エリアで、知財コンサルサービスを提供しています。知的財産に精通したプロが、しっかりとお話を伺ったうえで支援いたします。状況に応じて、助成金や補助金に強い会社の紹介も可能ですので、お任せください。

知財コンサルの利用をご検討中でしたら株式会社パテントインベストメントへ

会社名 株式会社パテントインベストメント
設立 2016年5月11日
役員 草野 大悟(代表取締役)
本社住所 〒105-0004 東京都港区新橋2丁目16−1 ニュー新橋ビル305C
拠点 〒259-1325 神奈川県秦野市萩が丘8-33
資本金 650万円
電話番号 03-6416-4856
事業内容
  • 知的財産に関する調査、分析、コンサルティング
  • 無体財産権(特許権、商標権等)の取得、実施・使用許諾、売買及び管理業務
  • 遭難時用携帯ドローンの企画、開発
  • インターネットを利用した物品販売
提携先
  • 株式会社シャイン総研(補助金支援の企業)https://shine-soken.jp
  • 東京都内の複数の国際特許事務所
  • 東京都内の複数の開発委託先企業(幅広い分野のものについて試作~量産まで対応可能)
ホームページURL https://patent-investment.com
SNS、ブログ

Twitter

https://mobile.twitter.com/patentkusano

(@patentkusano)

Instagram

kusanodaigo1273

ブログ

http://patentinvestment.blog.fc2.com

PAGE TOP